日本語の自己紹介

2

Maxime Combarieuさんはフランスから来たジャズピアニストです。クラシック音楽を幼い時から勉強し、その後ジャズミュージックと出会いました。18歳の時、エンジニアの学校に通っていましたが、音楽への情熱を捨てきれず、学校をやめることに決めました。同じ頃から、コンサートを始めました。

まずはルーアンの街の国立音楽院の入学試験に合格、卒業しました。そして、有名なバイオリニストDidier Lockwoodさんが設立したパリにあるジャズスクールに参加しました。そこで、Chris Potterさん、Ari Hoenigさん、Baptiste Trotignonさん、Thomas Enhcoさんなどの国際ミュージシャンと勉強することができました。2015年に卒業しました。

今は音楽祭やジャズクラブでたくさんの公演をプロとしています。Marc Ducretさん、André Villégerさん、Claude Egéaさん、Stéphane Guillaumeさんなどのフランス人のミュージシャンと音楽を演奏しました。また、Larry Goldingsさん、Jimmy Smithさん、Emmanuel Bexさんから影響を受け、ハモンドオルガンの演奏も得意としています。